特別インタビュー

2008-11-04 Tue

関佳裕/エイベックス・エンタテインメント取締役会 第5制作部 取締役 部長

 

自分の言葉で物事を伝えられることが大切!

今回はエイベックス・エンタテインメント/取締役会 第5制作部 取締役 部長 関佳裕さんににお話を伺いました。

インタビュー

--次世代を担うアーティストとして重要な要素とは?

いつもいってる事なんですが、ちゃんと自分の言葉で物事を伝えられる、詞にしてもなんでもそうですけど、そういうアーティストが成功していることが多いと思います。デビューの時から私はこういう風になりたいんだっていう熱いものがあって、それを人に伝える事ができて、それを人に感じ取ってもらうことができることは必要だと思います。


--オーディションでみる大事なポイントとは?

絶対に私は、僕は、みたいな、眼力をみています。あとは声です。歌がうまい人は正直言ってたくさんいますけど、ちょっとはずしてても、あっ、この声いいなぁっていうのが自分にピタっとくるのを見ています。


--今まで出会ったアーティストで印象的だったのは?

携わらせてもらっているアーティストで一番感慨深いのはEXILEで、HIROさん、この人に尽きるかな。眼力だったり、不屈の精神力だったり、そういうのをHIROさんの背中を見てずっと感じてましたね。ZOOやってJ Soul BrothersやってEXILEやって・・・。すごくボトムの部分もありましたし、トップの部分も両方を経験し、絶対負けないってという、あまり簡単な言葉で済ませたくないんだけど、これが日本一のエンタテインメントのアーティストなんだと感じましたね。


--どういう気持ちでオーディションにのぞむことが大事?

緊張するのは全然いいと思います。緊張はするのは当たり前なんで、そこを見てるわけじゃないんです。そこまでそうなってる自分を楽しんでもらって、その状態でいかに自分を出し切るかどうかです。僕らも色んな人を見てるので、この子は緊張してなかったらこんな感じだろうなってことはわかるから気にするところではないですし。avexのオーディションだからavexの歌をってことでもなくて、自分に合ってる曲、自分が一番アピールしたいことの出せる曲でやればいいと思います。私はこういう音楽を伝えたいし、こういう生き方をしてきてっていうのを短い時間の中でどれだけアピールできるかだと思いますね。もしそれで縁がなかったとしても審査員の見る目なかったかな、くらいの気持ちでどんどんチャレンジしていって欲しいと思います。


--今回のオーディションでは外国の方からもエントリーされるのですが、avexではどんな取り組みをされてますか?

僕のいる第5制作部でいうとm-floだったり、BoAだったり、東方神起だったり、LISAだったり、多国籍なアーティストがいますが、国籍とかは全く関係ないんです。ジャンルに関して言うと僕が入った11年前、avexはダンスミュージックに偏ってるイメージが今よりあったのですが、それはいち早く色んな音楽を取り入れてるからで、それを広げられるエンタテインメント企業だと自負がありますので、本当に自分の出したいものをどんどんだしてもらいたいです。
僕らはこれだと決めたアーティストに対してはどこよりも愛情もってやれる自信はあるので、いい出会いがあったら一緒に仕事がしたいなと思ってます。avex社員もそうですけど、”クリエイティブな人”にはどこよりも賞賛を与えてくれる会社だと思うのでぜひチャレンジしてほしいと思います。