特別インタビュー

2008-11-11 Tue

北野正人

kitano_masato01.jpg

ハードルを高く!

ストロボとしての活動のほか、hitomiやタッキー&翼に楽曲を提供している北野正人にインタビュー!

インタビュー

--初めて音楽を意識して聴いたのは、いつ頃のどんな曲ですか?

中学の頃。THE BLUE HEARTSの「チェルノブイリ」。歌詞が「チェルノブイリには行きたくねぇ」とか言ってて、斬新で聴きこみました。


--簡単に音楽活動歴を教えてください。

中学のときに、ギターを始めたんですけど、バスケの方がモテることに気付き、バスケ部に入ってギターを辞めました。聴いていた音楽は、ラウドネスや聖飢魔II、THE BLUE HEARTS。高校では、バスケよりもやっぱギターの方がモテるんじゃないか? って思って、バスケを辞めてギターを再度始めました。その頃聴いていたのは、アリス・イン・チェインズ、ニルヴァーナ、ソニック・ユース、ザ・ポリス、U2など。
その後、バンドでCDを出し、ライヴ・ツアー等で活動。バンドが終了し、作曲活動を開始して、デモテープを今の会社に送ったところ、良い返事をいただき、現在に至ります。今は、ジャンル、テクニック問わず、すべての良い音楽を聞いています。


--プロになろうと思ったきっかけは?

正直なところ、不純な動機です(笑)。


--今、自分の仕事の中で一番大切にしていることは?

年々曲を書くペースは、慣れもあり、どんどんあがるんですが、自分の中のハードルも一緒に上げるようにしています。取りあえず曲数を増やすんではなく、良い曲でなければ例え完成していても、ゴミ箱に捨てるようにしています。やはり自分の曲はひいき目に見てしまいがちですからね。